kubernetesは多くの企業やエンジニアが利用しているOSS

ノートパソコン

kubernetesはどんなOSS?

ソースコードを自由に閲覧できるだけでなく、必要に応じて加筆修正をしたり、改変したソフトを再配布できることで注目を集めているのがオープンソースソフトウェアです。OSSとして公開をすれば、技術力のアピールができるだけでなく、バグなどの早期発見もできるため、OSSというスタイルを選ぶ企業やエンジニアが増えてきています。そんなOSSの一つが、kubernetesです。

kubernetesは、仮想技術の一つコンテナの運営と管理を司るソフトです。導入をすれば、コンテナのスケジューリングやホスト管理、データやログの管理などコンテナ運営に関する管理業務を手軽に行えます。OSSという形で公開されているため、柔軟性が高く、大企業でも導入されることが増えてきています。ただ、とても良いソフトであっても、上手く操作ができるか不安を感じる人もいるでしょう。

kubernetesの操作性などに不安がある場合は、OSS開発の専門会社の利用を考えておくことがおすすめです。OSS開発の専門会社で、kubernetesの操作方法などの確認をしておけば、操作に関する不安や疑問を解消した状態で、導入へと進むことができるでしょう。

企業でも導入されているkubernetes

限られた物理リソースで、実際のリソース以上の働きをしているように見せかける技術が仮想化です。そんな仮想化技術の中でも、高い注目を集めているのが物理リソースのコンテナ化です。従来の仮想化よりも、メモリの負荷率などを抑えることができます。そんなコンテナ運営に欠かせないソフトが、kubernetesです。kubernetesは、ソースの閲覧や改変などを自由に行えるオープンソースソフトウェアとしても知られています。

多くの企業でも導入されているOSSの一つ、kubernetesでできることは、ホストの管理やスケジューリング、コンテナの死活監視などです。メモリの負荷を抑えるなどのメリットがあるコンテナ化ですが、そのコンテナ内で処理の失敗などの不具合が起きることは少なくありません。kubernetesを導入しておけば、処理の失敗などが起きた場合は強制終了やコンテナの入れ替えなどの自動修復まで全て任せることができるようになります。そのため、コンテナ化をして終わりではなく、安定した状態で運営管理をしていきたいという場合は、kubernetesの導入を考えておくと良いでしょう。操作などに対し不安がある場合は、OSS開発の専門会社の活用を考えておくことがおすすめです。

企業にも勉強をしたいエンジニアにもおすすめのkubernetes

ソースコードの閲覧や改変などを自由に行えるオープンソースソフトウェアの一つが、kubernetesです。仮想技術の一つコンテナの運営や管理に欠かせないソフトとして、大企業でも導入されています。

そんなkubernetesは、仮想技術を活用したシステム構築をしたい企業は勿論、プログラムの勉強をしたいエンジニアにも最適なOSSとなっています。kubernetesのようなソフトを、自分一人で書き上げていくことは大変です。しかし、OSSという形で入手をすれば、手軽にソースコードなどを閲覧することができるだけでなく、自分なりの改変を加えるなど様々な勉強を手軽に行うことができます。しかも、その費用は無料です。

ただ、どれだけ有能なOSSであっても、操作ができなければ、その性能などを実感することができないと悩む人もいるでしょう。そんな場合は、OSS開発の専門会社の活用を考えておくと良いでしょう。デモを使って操作性を確認したり、操作方法を教えて貰っておけば、kubernetesのような優秀なOSSにも手軽に触れることができるようになります。そして、kubernetesの操作ができるようになれば、その知識を活かし様々な場所で活躍できるようになるでしょう。

OKサイン

MENU LIST

ソフトのライセンス料節約にも繋がるOSSやkubernetes

オープンソースソフトウェアのメリットは、ライセンスを無償で使えることです。販売されているソフトウェアのライセンス料は、購入時に全額支払う形、もしくは年額など使用期間に応じてライセンス料を支払っていく形が一般的です。導入するPCの台数分、料金が発生する形が多いため、意外と大きな負担となることは少なくありません。ライセンス料自体は、減価償却などの形で計上していくことが可能ですが、…

kubernetesやOSSの利用時はまず最初に利用規約の確認を

多用な利用方法が注目され、開発現場での採用が進んでいるOSS(オープンソースソフトウェア)。近年は公的システムや基幹システムなど重要なシステムの開発にOSSを採用する事例が増えています。一昔前までは個人向け用途など限られた利用方法が中心だったOSSですが今後はすべてのユーザーが共有する公共試算のような形での活用が期待されています。採用事例が増えているOSSですがソースコードが公開され…

エンジニア人材が豊富ならkubernetes等のOSS活用を

OSS(オープンソースソフトウェア)を採用するメリットのひとつにシステムの持続性向上が挙げられます。ソフトウェアを開発するにあたってどの程度の期間ソフトウェアを使い続けられるかというのは重要なポイントです。コンピュータソフトウェアは開発して納品したら完了、というものではありません。システムとして使い続けるためには適切なアップデートやメンテナンスが必要不可欠です。機能の追加やバグの修正…

kubernetes等のOSS使用は二次利用のルール確認をしよう

無償でソースコードを利用できるOSS(オープンソースソフトウェア)は開発費用の高速化に悩む現場にとってありがたい存在です。OSSの活用によりクオリティを保ちながら開発費用の大幅削減に成功した事例は多く見られます。近年はOSSそのものの性能も高度化しています。かつてのように限られたシーンでの利用ではなくOSS利用を基本にシステム開発を行うプロジェクトも珍しいものではなくなっています。O…

TOP