kubernetesは多くの企業やエンジニアが利用しているOSS

ノートパソコン

kubernetes等のOSS使用は二次利用のルール確認をしよう

無償でソースコードを利用できるOSS(オープンソースソフトウェア)は開発費用の高速化に悩む現場にとってありがたい存在です。OSSの活用によりクオリティを保ちながら開発費用の大幅削減に成功した事例は多く見られます。近年はOSSそのものの性能も高度化しています。かつてのように限られたシーンでの利用ではなくOSS利用を基本にシステム開発を行うプロジェクトも珍しいものではなくなっています。
OSSの活用にはたくさんのメリットがあります。しかし、OSSには使用上の注意点がいくつもあります。商用ソフトウェアとは異なる独自ルールの中にはプロジェクトに大きな影響をあたえるものがあります。特に注意が必要なルールとして知っておきたいのがOSSを用いて開発されたソフトウェアの取り扱いです。
OSSを利用して開発されたソフトウェアはOSSに準じた取り扱いをする、というのが一般的なルールです。OSSを利用したソフトウェアについてはソースコードや仕様などを公開し再利用や再配布などを認める必要があります。
kubernetesなど有名所のOSSでは二次利用についてのルールが細かく定められています。トラブル回避のためにも二次利用のルールは必ず確認しておきましょう。

MENU LIST

ソフトのライセンス料節約にも繋がるOSSやkubernetes

オープンソースソフトウェアのメリットは、ライセンスを無償で使えることです。販売されているソフトウェアのライセンス料は、購入時に全額支払う形、もしくは年額など使用期間に応じてライセンス料を支払っていく形が一般的です。導入するPCの台数分、料金が発生する形が多いため、意外と大きな負担となることは少なくありません。ライセンス料自体は、減価償却などの形で計上していくことが可能ですが、…

kubernetesやOSSの利用時はまず最初に利用規約の確認を

多用な利用方法が注目され、開発現場での採用が進んでいるOSS(オープンソースソフトウェア)。近年は公的システムや基幹システムなど重要なシステムの開発にOSSを採用する事例が増えています。一昔前までは個人向け用途など限られた利用方法が中心だったOSSですが今後はすべてのユーザーが共有する公共試算のような形での活用が期待されています。採用事例が増えているOSSですがソースコードが公開され…

エンジニア人材が豊富ならkubernetes等のOSS活用を

OSS(オープンソースソフトウェア)を採用するメリットのひとつにシステムの持続性向上が挙げられます。ソフトウェアを開発するにあたってどの程度の期間ソフトウェアを使い続けられるかというのは重要なポイントです。コンピュータソフトウェアは開発して納品したら完了、というものではありません。システムとして使い続けるためには適切なアップデートやメンテナンスが必要不可欠です。機能の追加やバグの修正…

kubernetes等のOSS使用は二次利用のルール確認をしよう

無償でソースコードを利用できるOSS(オープンソースソフトウェア)は開発費用の高速化に悩む現場にとってありがたい存在です。OSSの活用によりクオリティを保ちながら開発費用の大幅削減に成功した事例は多く見られます。近年はOSSそのものの性能も高度化しています。かつてのように限られたシーンでの利用ではなくOSS利用を基本にシステム開発を行うプロジェクトも珍しいものではなくなっています。O…

TOP